輸出規制物質分析

輸出規制物質分析:ISO/IEC 17025認定試験所として高品質な結果を提供します

ISO/IEC 17025認定試験所として
高品質な結果を提供します

日本適合性認定協会(JAB) により、2006年4月から ISO/IEC 17025 試験所認定を取得しています。分析方法や規制に関することなど、お気軽にご相談ください。経験豊富なスタッフがお客さまのご要望にお応えします。

分析の品質確認方法と当分析センターへの監査について

RoHS分析やハロゲンフリー分析の委託先として、お客さまの監査が必要な場合は申しつけください。なお、下記からISO/IEC 17025の認定状況や、分析の技能試験の結果を確認いただけます。監査の手間を省いて、当分析センターの分析の品質を確認する場合にご利用ください。
・ISO/IEC 17025認定状況の確認方法
下記の認定機関JABホームページから、「認証機関・試験所等」>「試験所」の順にクリックしていただき、認定番号による検索で確認いただけます。
認定機関:公益財団法人 日本適合性認定協会(JAB)
認定番号:RTL01920
・RoHS分析の品質の確認方法
日本分析化学会が実施する技能試験「プラスチック中の有害金属成分分析」に毎年参加して、分析の品質をチェックしています。その結果を下記のページから確認いただけます。
規制物質分析の分析精度の報告

FAQ

RoHSの全項目を分析する場合に必要なサンプル量はどのくらいですか?
目安として、全対象物質を分析する場合には10gをご用意いただいています。
RoHSの精密定量分析法ではなく、スクリーニング法での分析を依頼できますか?
フタル酸エステル類DEHP、BBP、DBP、DIBPのスクリーニング分析、ならびにPBBとPBDEの全臭素量によるスクリーニング分析を受託しています。これらの分析はISO/IEC 17025試験所の認定を受けています。
蛍光X線によるCd、Pb、Hg、Cr、Brの半定量分析はサンプルの材質の影響を受けます。そのため、お客さまのサンプルに適した条件検討が必要になりますので、ご相談ください。
ハロゲンフリーの分析を委託する場合に必要なサンプル量はどのくらいですか?
目安として5gをご用意いただいています。5g以下になる場合は、ご相談ください。

分析のご相談0294-23-7374※お電話でお問い合わせの際には営業日をご確認ください。

お問い合わせは
こちら