ご利用規約

はじめに

Webnta(以下、「当サイト」といいます)は、日立化成テクノサービス株式会社(以下、「当分析センター」といいます)が提供する分析・試験サービス(以下、「本サービス」といいます)をご案内・ご利用いただけるwebサイトです。
当サイトの閲覧やお問い合わせをするお客さま(以下、「利用者」といいます)、当サイトへ会員登録のお申し込みをいただいたお客さま(以下、「会員」といいます)が本サービスおよび当サイトの閲覧、お問い合わせや会員登録する場合は、以下に示す規約(以下、「本規約」といいます)を承認いただくことが条件になります。ご利用の前に、本規約の確認をお願いいたします。
なお、利用者が会員登録をせずに当分析センターサービスを利用する場合は、日立化成テクノサービス 受託分析サービス 約款 を承認いただくことが条件となります。併せてご確認ください。

第1条(目的)

本規約は、会員の委託に従って当分析センターが受託する測定、分析、試験、評価および調査、SDS等作成(以下、本業務という)を履行するために必要な基本的事項を定めることを目的とします。

第2条(適用)

会員と当分析センターは、本規約に従い締結された契約を履行するものとします。ただし、会員と当分析センターが別契約書を締結した場合は、その契約内容を本規約に優先させるものとします。

第3条(委託の成立)

本業務の委託は、次のいずれかに該当した場合に成立するものとします。

  1. 会員の要求に基づいて当分析センターが見積を提示し、会員がこれを承諾したとき。
  2. 会員のお申し込みに対し、当分析センターが受託を承諾したとき。
  3. 会員と当分析センターの間で契約書を作成し、締結したとき。

第4条(本業務の履行)

  1. 本業務は、会員からご提供いただいた試料を元に実施します。また、適切な業務を行うために、目的や試料についての情報提供にご協力いただいています。これらの情報、試料の内容および分析結果を、会員の同意なしに第三者に提供することはありません。ただし、「プライバシーポリシー(個人情報保護について)」の「個人情報の開示について」に該当する場合は除きます。
  2. 当分析センターは、当分析センターが有する知見や公的に設定される方法、または会員の指示した方法に従い、誠実に本業務を行います。
  3. 当分析センターは、会員から提供を受けた試料や関連資料および当分析センターが会員の委託に基づき採取した試料に注意を持って取り扱い保管します。
  4. 当分析センターは、会員から要求された期日または別途協議して決められた期日までに本業務を完了します。
    ただし、当分析センターが業務上の技術的困難を伴い遅延する場合は、会員へ報告し協議の上、期日を延期することが出来るものとします。
  5. 当分析センターは、本業務終了後、その結果を報告書で会員に提出します。また、残余の試料は、原則として全て会員に返却しますが、返却する試料は分析方法によっては原型をとどめていないことがあります。ただし、予め両者間で処分方法を取り決めた場合はその方法によるものとします。
  6. 当分析センターは、会員に提出した報告書の写しを別段の取り決めが無い限り、提出の日から1年間、当分析センター内にて保管します。
  7. 報告書に記載された分析結果は、お打ち合わせのための参考データ、レポートへの記載、ホームページへの掲載などにご利用いただけます。ただし、利用に関して当分析センターは責任を負えませんので、当サイト名または当分析センター名の記載や掲載を辞退します。
  8. 本業務の結果が会員の予想や期待とは異なることがあります。その場合でも、本業務を実施済みの場合には会員は委託料金の請求を回避することはできません。また、既にお支払いいただいた費用を返却することもできません。

第5条(委託料金のお支払い)

本業務の委託料金は、別に会員と当分析センターで別段の了解が無い限り、当分析センターの指定する支払条件(当月末締め翌月末現金支払い)で当分析センターが指定する銀行口座宛にお振込みください。

第6条(試料等の提供)

  1. 本業務に必要な試料および技術情報は無償で提供いただきます。
  2. 本業務に使用する試料等の調達、採取、輸送等に掛かる全ての費用は、会員と当分析センターで別段の取り決めがない限り、会員がご負担ください。
  3. 試料等の取り扱い、又は試料採取に関する安全衛生上の注意事項については、本業務の委託時又はそれ以前に会員から当分析センターにご連絡ください。

第7条(免責等)

  1. 当分析センターは、天災地変または当分析センターの責に帰することのできない事由により本業務の遂行が困難になったときは、これより生じた会員の損害を賠償する責めを免れるものとします。
  2. 会員が評価等の結果を利用することにより生じた損害について当分析センターは一切責任を負いません。当分析センターの評価等方法に過失があったときは会員と当分析センター協議の上、当分析センターは以下の範囲で責任を負担します。
    1. 当分析センターの費用負担により過誤が生じた測定、分析又は試験項目及びSDS等作成に限り、再実施いたします。
    2. 当分析センターの過失により誤謬が生じた測定、分析又は試験の項目、SDS等作成に相当する委託料の金額を限度として、会員が被った損害を賠償いたします。
  3. 本業務において、会員の要望に応じて会員からご提供いただいた情報および本業務の結果を元に推測、見解またはコメントを報告書に記載する場合がありますが、その推測、見解またはコメントは当分析センターの責任の範囲外とさせていただきます。
  4. 当分析センターでは、会員の立場にたって本業務を行い、結果を報告します。会員から提供いただいた情報と分析試料を元に本業務を実施していますので、報告書に記載した結果の社会的な公平性や中立性を、当分析センターは保障するものではありません。
  5. 当分析センターは、本業務の結果について、いかなる第三者の知的財産権にも抵触しないことを保証するものではありません。
  6. 当分析センターは、当サイトに関わる情報セキュリティの維持に努めますが、当分析センターのウェブページ・サーバ・ドメインなどから送られるメール・コンテンツに、コンピュータ・ウィルスなどの有害なものが含まれていないことを保証するものではありません。
  7. 会員が本規約等に違反したことによって生じた損害については、当分析センターは一切責任を負いません。

第8条(契約の変更・解約)

  1. 会員または当分析センターは、やむを得ない事情によって本業務の履行が困難な事態が生じたときは、両者協議の上、本業務の委託を変更または解約することが出来ます。

第9条(秘密の保持)

  1. 当分析センターは、本業務の内容、結果、会員から開示された技術情報および評価等に使用する試料のうち、秘密と特定された事項に関して秘密を厳守します。また、会員の書面による事前の同意なしには、これらを本業務以外の目的には使用せず、かつ第三者に開示または漏洩しないものとします。ただし、次のいずれかに該当するものはこの限りではございません。
    1. 会員から開示を受けた際、既に公知または公用となっていたもの。
    2. 会員から開示を受けた際、既に自ら保有していたことを立証しうるもの。
    3. 会員から開示を受けた後に、自らの責によらず公知になったか、または正当な権利を有する第三者から受領したもの。
    4. 当分析センターが独自に開発したことを立証しうるもの。
  2. 前号の規定に拘らず、当分析センターが評価等の全部又は一部を第三者に再委託するときは、当分析センターは再委託先に再委託に必要な範囲で開示できます。ただし当分析センターは当該再委託先に対して当分析センターが前号の規定に基づき負担する義務と同じ義務を負担させるものとします。
  3. 会員は、評価等の方法を、厳に秘密に保持し、他に対する開示又は漏洩はご遠慮頂くものとします。ただし、諸官庁、行政当局への報告に必要な範囲内での開示は差支えありません。
  4. 本条の各規定は、報告書提出後3年経過するまで有効に存続するものといたします。

第10条(個人情報の取り扱いについて)

当サイトに掲載している「プライバシーポリシー(個人情報保護について)」を適用します。

第11条(反社会的勢力の排除と法令順守について)

  1. 当サイトでは、次の各号のいずれにも該当しない場合にのみ、本サービスを提供します。注文を受け付けた段階でも、次の各号のいずれかに該当する疑義が生じた場合には本サービスを停止し、会員の資格を失うものとします。
    1. 暴力団
    2. 暴力団関係企業
    3. 総会屋等、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力団等
    4. その他前各号に準ずるもの
  2. 会員は、本サービスを利用するにあたり、次の行為を行わないものとします。
    1. 第三者の知的財産権や著作権を侵害する行為
    2. 第三者を誹謗中傷しまたは名誉もしくは信用を傷つける行為
    3. 第三者の財産またはプライバシー権を侵害する行為
    4. 詐欺等の犯罪に結びつく行為
    5. 誇大広告や虚偽報告に結びつく行為
    6. その他法令に違反しまたは公序良俗に反する行為

第12条(当サイトの運営について)

  1. 当分析センターは当サイトを運営するにあたり、必要な業務の一部または全てを第三者に委託することができます。
  2. 当分析センターは第三者に業務を委託する際、当サイトの運営に必要な会員情報を委託先に提供することがあります。

第13条(会員登録と会員の責任について)

  1. 利用者は、当分析センター指定の方法で会員登録することで、会員専用サービスを利用することができます。
  2. 会員ID・パスワードは会員ご本人、もしくは会員が所属するグループ単位でご利用することができますが、会員登録の際に発行された会員ID・パスワードは不正に利用されないように厳重に管理しなければなりません。当分析センターは登録された会員ID・パスワードを用いて当分析センターに対して行われた意思表示は、この会員ID・パスワードに該当する会員、もしくは会員が所属するグループの有効な意思表示とみなし、これにより生じる支払等はすべて会員の責任とさせていただきます。
  3. お問い合わせ、会員登録の際は日中連絡がとれる連絡先を正確に登録してください。また、会員登録後は連絡先情報を常に最新の状態に維持してください。連絡先情報が正しくない場合、お問い合わせなどに回答できない場合があります。
  4. 会員資格取得の際に虚偽の申告をしたとき、その他当分析センターが会員として不適当と認める事由があるときは、当分析センターは、該当する会員の資格を取り消すことができることとします。
  5. 会員は、以下の各号に定める行為をしたことにより当分析センターに損害を生じせしめたときは、これを賠償する責任を負います。
    1. 会員ID、パスワードを不正に利用すること
    2. 当サイトにアクセスして情報を改ざんしたり、当サイトに有害なコンピュータプログラムを送信したりして、サイト運営を妨害すること
    3. 当サイトの知的所有権を侵害する行為をすること
    4. その他、この利用規約に反する行為をすること
  6. 本サービスの分析結果のご利用により、会員と第三者の間で何らかの紛議が生じた場合には、会員の責任と負担で解決するものとします。

第14条(サービスの中断、変更、廃止等について)

  1. 当分析センターは、本サービスの稼動状態を良好に保つために、次の各号に該当する場合、予告なしに、本サービスの提供の全てあるいは一部を停止することがあります。
    1. システムの定期保守および緊急保守のために必要な場合
    2. システムに負荷が集中した場合
    3. 火災、停電、第三者による妨害行為などによりシステムの運用が困難になった場合
    4. その他、止むを得ずシステムの停止が必要と当分析センターが判断した場合
  2. 当分析センターは、その判断によりサービスの全部または一部を事前の通知なく、適宜変更・廃止することがあります。

第15条(協議事項)

本規約に定めのない事項および本約款各条項の解釈に疑義の生じた場合については、会員と当分析センターで都度協議の上、誠意を持って解決させていただきます。

第16条(本規約の改定について)

当分析センターは、本規約を任意に改定できるものとします。本規約の改定は、改定後の本規約を当分析センター所定のサイトに掲示したときにその効力を生じるものとします。

第17条(準拠法、管轄裁判所について)

本規約に関して紛争が生じた場合、当分析センター本店所在地を管轄する地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。